子供服のサイズやベビー服との違いについて

子供とベビーの用品

子供服

子供服と聞くと服屋のキッズウェアーのコーナーにおいてある服と言うイメージです。しかしベビー服には、色々なサイズや素材がありますが、子供服にはどういったものがあるのでしょうか。子供が大きくなると勿論遊びもしますし、動きます。習い事もしたいと言い出して、ピアノやエレクトーンの発表会などに子供ドレスを着る場面も出てくるでしょう。

子供服とベビー服

普段子供服に接していないので、こういった部分はまったくわかりません。子供服についてみていきたいと思いますが、この子供服というのを聞いて一番最初に思いつくのは、子供服とベビー服っていったいなにが違うのと言うことではないかと思います。まったく子供服やベビー服に縁の無い方の場合もしかしたら疑問に思うことすらないかも知れませんね。ちなみに私は、子供服とベビー服の違いなんてまったく興味も無いことでした。

子供服

子供服とベビー服の違いと言うものを調べてみると、違いはどうやら、服の形にあるようです。ショップなどでもベビー服と子供服を分けるラインがあってそのラインが100cmということのようで、ちょうど3歳ぐらいがそのラインのようです。たぶんこの100cmというサイズ設定も3歳の子供の平均とかで決めているのではないかと思います。

で、話を元に戻して、子供服の場合には、大人用のサイズを小さくしたような作りになっているようです。そしてベビー服の場合には、オムツなどを履いていますから、ウエストやお尻周りが大きく作られているのではないかと思います。やはりオムツを履いているのと履いていないのでは、大きな違いがあるということでしょう。しかし子供服も大人の服を小さくしたような作りということで、完全にサイズが違うと言うよりも締め付けの少ない作りになっていたり、動きやすいように作られているようです。

サイズ

この子供服ですが、一口に子供服と言っても、3歳から15歳くらいまでが対象のようなので、同じ子供服でもまったく違う大きさや形になっているのではないかと思います。実際にサイズの表などを見ても細かくサイズが分けられているので、年齢で選ぶよりも、子供の身長や体型で選ぶのがいいと思います。

check

グリーン投資減税 太陽光発電
http://eco-taiyou.co.jp/green/
ACTUS
http://www.actus-kaban.jp/
結婚写真 沖縄
http://atelier-wedding.com/
カラコン 人気
http://revocon.com/